メインコンテンツへスキップする

Astarが解決する問題

Astar Networkは、マルチチェーン向けスマートコントラクトプラットフォームの未来です。 このネットワークは、EVMおよびWASMスマートコントラクトを用いたdAppsの構築をサポートし、cross-consensus messaging (XCM) を用いて、開発者に真の相互運用性を提供します。 私たちは、開発者による、開発者のためのプロジェクトです。 AstarのBuild2Earnモデルはユニークです。開発者が書いたコードや構築したdAppに対して、dApp Stakingメカニズムを通じて報酬を与えます。

Astar Networkは、Polkadot上のdApps開発者がインフラに気を配る必要がなく、よりdAppに集中できるよう、最高のスマートコントラクトプラットフォームを作ることに焦点を当てています。 理想は、開発者がAstar Networkのスケーラビリティを考慮することなく、どんなアプリケーションでも構築できることです。 Astar Network は、スケーラビリティ、相互運用性、開発者のインセンティブ不足という大きな問題を解決します。

拡張性(Scalability)

ブロックチェーンは、分散型コンセンサスメカニズムのため、設計上スケールません。 TPS(Transaction Per Second)は集中型データベースよりはるかに小さく、ブロックごとに格納できるデータの上限があります。 そのためネットワーク上のユーザーは、自分の取引が未確認または保留のまま長時間放置されていることに気づくと、ユーザーエクスペリエンスを低下させる可能性があります。

Astar Networkにおける拡張性は、以下のようなテーマで取り組んでいます。

  • 1秒当たりにより多くの取引(TPS)
  • 安い取引コスト
  • より速いファイナリティ

相互運用性(Interoperability)

さまざまなブロックチェーンが存在しますが、相互運用性を特徴としているものはほとんどありません。 BitcoinからEthereumに「価値」を移動させるためには、中央集権的な取引所が必要です。 Polkadotは、ブロックチェーン・ネットワークをシームレスに連携して運用することを可能にするシャード化したプロトコルです。

Astar Network は Polkadotに対応しています。 Astar NetworkをPolkadot に接続することで、真の相互運用性を実現します。

開発者へのインセンティブの不足

dApp開発者はブロックチェーン業界で最も重要な人材ですが、dAppsやインフラプロジェクトを開発するために多くのコストを支払っています。 Astarは、開発者がプロダクトを作りながらベーシックインカムを得ることが可能な「#Build2Earn」プロトコルを導入しています。